HOME>特集>伝えることによって観光客を引き寄せる動き

ボランティアとして

先生と生徒

横浜エリアは、国際戦略も兼ねて英会話を学ぶ求職者、転職者が増加傾向です。アジアからのゲートウェイ機能を有した港町ならではの「街中」の魅力を外国人観光客に教え、歩いてもらえるボランティア(ガイド)活動に英会話を学んでいます。結果、履歴書(PR欄)にボランティア活動を明記できることで飛躍できることから人気の語学スキルになっています。

様々な内容を喋れる

英会話教師

今、横浜エリアで英会話を専門的に学ぶ者がいます。2020年のオリンピック・パラリンピックの影響力があり、訪日外国人の対応に人気が高まっています。中でも、資格としてツアーコンダクター(国内外)での業界では、英会話は必須で、接遇マナーも緊急時対応も学べる点で専門スクールは人気です。

たった一言

アートなどの芸術的文化も根付く横浜での英会話、フォトスポットを提供するショップ、施設などでは外国語での撮影時、鑑賞時の注意を即すための語学スキルを持つことが評価されています。同時に、楽しさ、撮影の協力などを伝えるためにワンフレーズ英会話が人気化しています。

訪問式での学び

横浜エリアは、クルーズ客船などの寄港増加などの好機を捉え、さらなる人の流れともいえる観光消費を作り出すためにも、外国人観光客の受け入れ目的でビジネス英会話が人気です。特に、観光バスのバスガイドをはじめ、タクシー会社、エリア付近の商業施設などのスタッフたちにとっては、英語講師に赴いてもらうスタイルで語学力を補っています。営業に必要最低限の言語マナーが学べることからも、もてなし英会話が人気化しているようです。

広告募集中